英の通貨ポンドの為替投機

日本の通貨です円と英の通貨ですポンドは、国外為替世界において直接の売り買いが行なわれない通貨ペアだ。ポンドと円の為替取引をする場合には、クロス売り買いといって間に米ドルを噛ませます。円を売ってポンドを買うことを例にしますと、円売り・アメリカ合衆国ドル買いの売り買いと、アメリカ合衆国ドル売り・ポンド買いの売り買いを一気に行ないます。米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨売り買いは全然数少ないのも事実です。なんだか流動性に欠けるといえるでしょう。ポンドは利息がそれほど厳しいために目にとまり易い通貨ではありますが、通貨の流動性が低いために非常にボラティリティが良いという気質があります。値幅が著しいポンドは、アメリカ合衆国ドルやユーロといった通貨よりも取り引き的値幅を決める。値幅がすごいわけですので、ポンドを取引きする時折注意が必要です。具体的には、レバレッジは低くしておいた方がいいでしょう。最近英ポンドの対円割合はサブプライムショックとリーマン損傷という2つのファイナンス窮地の影響を受けて凄まじく下落してしまいました。一方で、ヨーロッパ負債窮地については、ユーロに加盟していない英は正直影響を受けませんでした。欧州諸国に輸出をやる関係で至極影響を受けずにすむというわけではないようです。ユーロ圏諸国の景気が迷走すれば、英も無傷では済みません。そうなれば、またポンドの為替割合が下落する確率はあり注意すべきだ。イギリスポンドは利息の高さが魅力ですが、売り買いきがちょっと耐え難い部分も持っています。そういった点を正しく知っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ