リバウンドとは食事制限などで落とした体重

リバウンドとは、食事制限などで落とした体重が、また元の状態に戻ってしまうことです。リバウンドさせずに、体重を減らしたままにするいい方法は存在するものなのでしょうか。ダイエットのために食事制限をすると、初めのうちはどんどん体重が減っていく実感が得られますが、それ以後は急に体重の減少か鈍化してしまいます。停滞期と呼ばれているこの現象はおおよそ1カ月で、ホメオスタシスがその原因だといいます。カロリー消費が摂取量より多いままだと体が維持できないため、代謝を下げてカロリー消費を落とそうとします。ダイエット中にホメオスタシスが働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するので体重がなかなか減らなくなるのです。停滞期の状態で食事を元どおりに戻しても、体は停滞期のままで、エネルギーを使わないようになっています。代謝が下がり、停滞期になっている時にダイエットをする前のカロリー摂取量で食事をすると、カロリーが使い切れなくなって前より多く余ります。ダイエットを続けていると、満腹感を感じにくくなります。人間の体内には、脳に満腹信号を送るレプチンという物質があります。ダイエット等のために食事の量を減らしていると、体の中にあるレプチン自体が少なくなってしまいます。ダイエットをする前の食事にすれば、レプチンも分泌しやすくなって食事量も安定しますが、1カ月ほど必要です。1か月は食事量を元に戻してもレプチンの量が少ないので満腹感を得られずかえって食べ過ぎてしまい体重が増えてしまいます。リバウンドで体重が増える背景には、こういった理由があるためです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ